超音波専門技師による「エコー検査」

病気発見の糸口になる安全な検査
エコー検査とは、超音波検査とも言います。人間の耳には聞き取ることのできない高周波の音波(音)により体内の様子を探る検査法です。 産科領域でも胎児の検査にも使われるほど安全な検査です。
肝臓、胆のう、膵臓、脾臓、腎臓などの実質臓器を通常標的臓器としていますが、胃癌や大腸がんなどで固まりを作ってくるものや虫垂炎など炎症を起こしてくる疾患もエコーで診断されることがよくあります。検査は、おなかにゼリーを塗り、超音波の探触子を当て、通常10〜15分程度で苦痛なく終わります。
いろいろな病気の発見の糸口になることが多く、腹部に症状がある方は、一度ぜひ受けることをお勧めします。
検査は「超音波専門技師」が担当
当院のエコー検査は「超音波専門技師」が時間をかけて丁寧に検査します。
超音波の専門知識を理解したエキスパートが、高度な超音波検査技術を駆使して正確な診断を行います。