経験豊富な専門医による「大腸検査」

診断能力が高い「大腸ファイバー」
近年、男女とも大腸癌が増加しています。原因として食事の欧米化やアルコール摂取量の増加、運動不足など上げられています。
大腸癌は、便が細くなった、便に血が混じる、急に便秘がちになった、逆に下痢気味となった、など症状が出ることもありますが、実は無症状のことが多いのです。
検診で便に血液が混じっていると指摘されたら必ず検査を受けてください。
大腸検査法は、バリウムを使った検査法(注腸)と大腸ファイバーがありますが、当院では、大腸ファイバーをお勧めしています。それは、診断能力が高く、レントゲンの被爆がないこと、組織診断を行うことができることからです。
以前は特殊な検査とされていましたが、今日では胃カメラと同様に通常の検査になりつつあります。
大腸がん粗罹患率推移

専用施設・設備で安心して受診!
検査を受けるためには、たまっている大便を全て出す必要があります(前処置と言います)。
当院では、大腸検査の方のための専用の待合室と男女別の専用トイレ(ウォシュレット)を設け、少しでも楽に前処置が受けられるよう配慮しています。
専用待合室・専用トイレ

「苦痛のない検査」が自慢です
検査は、通常10〜15分程度で終了しますが、個人差があ り、もう少し長くかかる場合があります。また病変や処置の内容により所要時間が変わります。
苦痛は通常それほどありませんが、検査が不安な方、腹部に手術を受けたことがあり癒着が疑われる方、以前の検査で苦痛のあった方、また希望者には、麻酔を行って苦痛のない検査を心がけます。
簡単な病変では、外来での大腸ポリープ切除も行っていますので、希望される方は、大腸検査の申し込みの際おっしゃってください。